第四回研究会(通算第二十二回)

夏の信頼性合同研究会:理論と実際
Summer Joint Research Workshop on Reliability: Theory and Practice

日時:2017年8月5日(土) 14:00
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス80年館7階(富士見校地:地図はこちら
キャンパス内の地上を歩いて頂きますと,80年館(図書館)への大きな登り階段の右手にビル内部へ入る入り口があります.そこの受付前を通過して,奥のエレベータを使って7階へお越しください.

会場について補足情報がありますこちら

参加費:無料
懇親会:開催予定

主催:

・日本オペレーションズ・リサーチ学会システム信頼性研究部会,および首都大学東京エネルギーインテグリティーシステム研究センター(共催)

・Research Center for Energy Integrity Systems in Tokyo Metropolitan University and Special Interest Group on Reliability of the Operations Research Society of Japan (co-organized)

お問合せ: 当サイトのお問い合わせ欄からお送りください

講演1:14:10~15:10

Title: Reliability and Availability Modeling in Practice
Speaker: Dr. Kishor S. Trivedi, Duke University, North Carolina, USA
Abstract:
High reliability and availability is a requirement for most technical systems. Reliability and availability assurance methods based on probabilistic models is the topic being addressed in this seminar. Non-state-space solution methods are often used to solve models based on reliability block diagrams, fault trees and reliability graphs. Relatively efficient algorithms are known to handle systems with hundreds of components and have been implemented in many software packages. Nevertheless, many practical problems cannot be handled by such algorithms. Bounding algorithms are then used in such cases as was done for a major subsystem of Boeing 787. Non-state-space methods derive their efficiency from the independence assumption that is often violated in practice. State space methods based on Markov chains, stochastic Petri nets, semi-Markov and Markov regenerative processes can be used to model various kinds of dependencies among system components. However, the resulting state space explosion severely restricts the size of the problem that can be solved. Hierarchical and fixed-point iterative methods provide a scalable alternative that combines the strengths of state space and non-state-space methods and have been extensively used to solve real-life problems. We will take a journey through these model types via interesting real-world examples.

講演2:15:25~15:55

氏名:松崎頼人氏(首都大学東京)
タイトル:効率的な津波避難のための通行不能道路の検知
概要:
近年、地震や津波などの自然災害が頻繁に発生しており、特に津波によって多くの死者や行方不明者が出ている。このような被害を減らすためには、高台などへの迅速な避難が重要である。本研究では、迅速な避難を目的とした津波避難支援システムを提案する。本システムでは、既存の通信インフラが利用できない環境でもスマートホームシステムのホームサーバを利用してアドホックネットワークを構築することで通信環境を維持する。また、効率的な津波避難誘導を行うために、他の避難者の行動に基づく通行不能道路の検知手法を提案する。実測実験によって提案手法の有効性を評価する。

<英語>

Title: Detection Method of Impassable Roads for Efficient Tsunami Evacuation Guidance
Speaker: Dr. Raito Matsuzaki (Tokyo Metropolitan University)
Abstract:
In recently, earthquake disasters are frequent, and many people die or go missing when a tsunami strikes after the earthquake. Therefore, we need to evacuate quickly to an elevated position for reducing damage. In our research, we propose the tsunami evacuation support system for efficient tsunami evacuation. This system can maintain to construct ad-hoc networks using home servers for smart homes in the case of an existing network disconnection. Moreover, we propose the detection method of impassable roads by other evacuees behavior for efficient tsunami evacuation guidance. We evaluate the proposed system by experiment.

講演3:15:55~16:25

氏名:林正博氏(東京都市大学)
タイトル:微分に関する線形代数的アプローチと故障率分析への応用
概要:
本発表では、微分の計算を簡単な2行2列の行列を用いて実行する新たなアプローチを提案し、信頼性工学の分野における重要な応用を示す。この行列を用いるアプローチにより,微分により得られた関数の値を計算するための時間は、指数関数的増大を示さず、元の関数の場合の計算時間に比例する時間で計算可能となる。微分の計算は自然科学と工学のほとんど全ての分野で、共通的で基礎的な役割を果たしていることから、発表者は、このアプローチが信頼性工学分野のみならず、多くの分野において微分に起因する計算機使用時間の問題を解決するための突破口となると考える。

<英語>

Title: A New Approach for Executing Differential Calculus and Application to Failure Rate Analysis
Speaker: Dr. Masahiro Hayashi
Abstract:
We propose a new approach to executing differential calculus using simple 2 by 2 matrices and demonstrate an important application to the reliability engineering field. This matrix approach prevents an exponential increase in computation time of the post-expression obtained by differential calculus and shows instead a linear increase. This approach is a breakthrough for solving computation problems not only in the reliability engineering field but also in almost all science and engineering fields because differential calculus is essential to and commonly used in almost all of them.

広告

sigrelwebmaster について

The world is my oyster..
カテゴリー: ご案内 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中